占星術

神田沙也加さんが死去。事故なのか、自殺なのか、ホロスコープは。

突然の訃報です。まだ35歳のお若い旅立ちです。あの美しい歌声や可憐な姿をもうお見掛けできないとは、とても残念ですね。

ご両親のお悲しみはいかばかりかと拝察いたします。

神田沙也加さんのネイタルチャート

小惑星は除いています。出生時間はネット情報ですが、誕生時にニュースで報道されていたそうなので、正確だと思います。

1ハウスの太陽

太陽は1ハウスにあります。

自分自身の気持ちに忠実であり、ありのままの自分を大切にします。

自分を曲げないことで、周りから自分勝手だと思われることもありますが、リーダーシップや存在感があり目立つタイプです。

その太陽は、海王星・土星の影響を受けています。

太陽と土星はセクスタイル

真面目でコツコツ努力ができる堅実な性格です。

そして太陽は海王星とはスクエアです。

理想主義者で芸術的な才能もありますが、地に足がついていないような危うさも持ち合わせています。

何かに依存しやすかったり、頼りきってしまうので騙されやすい。

夢見がちで、恋愛に関しても男性をみる目はありません。

恋多き女性ですが1人の人と長続きせず、結婚離婚も繰り返す人が多いアスペクトでもあります。

太陽が1ハウスにあるので、これらの性質が顕著になりやすいかもしれません。

繊細な月

月は12ハウスにあります。

空想や妄想に浸るのが好きです。

たくさんの人に囲まれているより1人でいるほうを好むタイプです。

月は海王星と土星から影響を受けています。

海王星とトライン

想像力豊かで、感受性が強く、繊細な人です。

そして土星とはスクエア

これは、端的に言ってしまうと、母親からあまり良い影響を受けることができないということ。

もっと言えば、母親に悩まされる暗示です。

それにより、自信欠如、疑心暗鬼、不安感をもちます。

真面目が過ぎるあまり取り越し苦労をしたり、損する事も多くなりがちです。

イキイキとした伸びやかな感情を表現しにくく、窮屈になりがちです。

12ハウスに月があることで、悩みも自分一人で抱え込みやすくなりがちです。

芸術的な才能・感性をもつ個性

繊細であるがゆえに、いろいろな意味で危うさをもちますが、それゆえに才能は豊かです。

感性が鋭敏で表現力もあります。

金星と木星はタイトなトラインです。

おおらかな性格ですし、何はなくとも自分の力で人生に豊かさや美しさをもたらすことのできる才能があります。

社会的な立場や経済的な状況にも恵まれやすくなります。

女性をターゲットにする職業や、芸能・芸術に携わる職業で成功しやすいです。

 

トランジットの影響をみる(月と水星に対しての刺激)

亡くなった日のチャートを重ねてみました。

月・土星に火星の刺激

月と土星のスクエアは、沙也加さんの人生にとっておそらく一番の悩みどころだったのではないでしょうか。

その土星にトランジットの火星がコンジャンクションしています。

土星のもつ圧迫感や窮屈さを火星が刺激します。

火星と土星のアスペクトはコンジャンクションやハードの場合、非常にネガティブな意味をもっています。(ネイタル・シナストリー・トランジットのいずれにおいても)

月は火星と土星から、とても良くない刺激を受けます。

不運や苦境、精神的な疲弊をもたらすので、この期間は月はとてもしんどい状態です。

水星・火星に冥王星の刺激

つぎに水星と火星のスクエアにトランジットの冥王星が絡んでいます

攻撃的・批判的な精神に冥王星の圧倒的なエネルギーが注がれます。

周りに対して怒り、葛藤が爆発し、何かの行動に駆り立てられます。

独善的になり、自分の考えに固執して、自分の周りの人間を責めます。

自分勝手な考えに陥りやすくなる時期です。

衝動的なもの?

ホロスコープから読むこの時期は、精神的に追い詰められていた、投げやりな気持ちになっていた、周りを責める気持ちや自分勝手な気持ちに心が支配されてしまっていた時期ではないかと推察します。

綱渡りをしているように危うい時期の中、衝動的にその一線を越えてしまったのではないか、そう思います。

本当のところはご本人にしかわからないことですが。

人は弱いものです。

もし一瞬魔が差したことで命を失ってしまったのであれば非常に残念です。

今はただただ安らかであるようにと願っています。

そして心よりご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました